3.見通しの悪い道路での事故
動画(408kb)

4.トラック内輪差による巻き込み事故

5.傘差し運転による事故
動画(436kb)

7.サンキュー事故
動画(485kb)










スケアードストレイト教育技法とは?


公演内容

1時速40kmで自転車への衝突実験   人形を乗せた自転車に車が40kmで衝突する。
その衝撃は予想を上回る

2.違反自転車大集合   5つの違反を見つけよう
3.見通しの悪い道路での事故   飛び出し自転車がオートバイと大激突
4.トラックの内輪差による巻き込み事故   トラックが左折時に、脇を走行中の自転車を左後輪に巻き込む
5.傘差し運転による接触事故

雨天、傘差し2人乗り自転車が歩行者を跳ね飛ばしてしまう

6.乗用車の死角による事故
  青信号を横断中の自転車が左折してきた乗用車にはねられる
7.サンキュー事故   右折待ちの車が対向車に車を譲られ、確認せずに曲がった時、
対向車の脇を走行してきた自転車と衝突

  「スケアード・ストレイト教育技法」とは、学習者に目の前で「恐れ」や「ひやっと・ハッと」する場面を体験してもらい、社会通念上望ましくない行為を自主的に行わせないようにする教育技法で。これを交通安全教育に適用して交通安全意識の醸成と高揚を図るのが「スケアード・ストレイト教育技法による自転車交通安全教育」です。

交通安全プログラムは学校の校庭程度の広さがあれば十分で
それ以外でも最低50M×25Mの広さが確保出来れば講演は可能です。
いつでもどこでも体験することが出来ます。
対象者が小・中学生やお年寄りの場合にはオートバイを
自転車に替えての公演もしております。
公演内容もご相談頂ければ対応致します。
派手なだけではなく、事故の原因を分かりやすくリアルに再現!!
是非一度体験してみてはいかがですか!

一般イベント用の高齢者を対象にした特別メニューもございます
内容はお気軽にお問合せ下さい。

SCARED STRAIGHT

講演内容動画はこちらをクリック